フィリピン

フィリピン留学のデメリット。こんな方は要注意!【経験者が語る】

コロナ終息後、語学留学や〇〇留学として海外に行く予定の方も多いのでは無いでしょうか。

近年「安くて!」「近い!」留学先として人気が出てきたフィリピン!!

しかし、ちょっと待ったああああ!!!

フィリピン留学本当にあなたに適した留学先ですか???

今回はフィリピン留学を検討している方へ!!!

フィリピン留学のデメリットを紹介します。

ここで紹介している事に妥協できる方は、フィリピンオススメです!!

もちろんメリットも沢山あるのでデメリットだけで判断せず、

自分に適した国を見つけて欲しいと思います!

私
フィリピンで2ヶ月の語学留学。その後、現地の大学に進学した私が紹介するよ!

ここまでフィリピン留学を激推ししてきましたが、留学先は人によって合う合わないあります。

追記* 私がフィリピン留学を勧める理由が知りたい方はこちらをどうぞ⬇︎

英語初心者ならまずフィリピンに行くべき理由。【コロナ明け絶対に周りと差をつける‼︎】 コロナ前に語学留学を予定していたけれども、 タイミング的にキャンセルせざるを得なくなった方も多いのではないのでしょうか。...

私にはフィリピンが自分に適していた為、留学で有意義な時間を過ごすことが出来ていますが、

誰でも何度も行けるわけではないので、

留学先はデメリットもしっかりチェックした上で決めることが大切です。

せっかくの留学で「この記事を読んでいるあなた」に

後悔して欲しくない!!

そんな想いから私が感じたフィリピン留学のデメリットをシェアします!

では細かく見ていきましょう。

フィリピン留学のデメリット5選

英語のアクセントが気になる

英会話を学ぶ上で発音を重視する方も多いのではないでしょうか。

フィリピン留学のデメリット1つ目は、アクセントに癖がある事です。

どの国もその国独自の発音の癖はありますが…

フィリピンの言葉である「タガログ語」は、どちらかと言うと「スペイン語」に近いアクセントや単語が非常に多いです。

私
これは、過去にフィリピンがスペインの植民地だった事に関係しています。

そのため英語を話す時にも、タガログ語やスペイン語っぽいアクセントが抜けていない人が

多数いるように感じました。

アクセントに関しては本当にピンからキリまでですが…

語学学校の先生でさえもアクセントは綺麗な人癖がある人様々です。

発音だけを習得するためにフィリピンへ行くのは向いていないと思います。

タガログ語が飛び交っている

フィリピンの母国語は「タガログ語」です。

また、地域ごとの言葉もあります。

現地の人たちは自分の話しやすい言葉(母国語)を話すので、私は理解に苦しむことがよくありました。

私
地域ごとの言葉って何?と思った方!!
フィリピンでは地域の数だけその地域独自の言葉があると言われています。

言葉と言っても方言とかのレベルでは無く、別の言語として認識しているくらいなので

フィリピン人同士で会話しても通じないことはあるそうです。

その為、外に出るとタガログ語やそれ以外の言葉を聞く回数が圧倒的に多くなります。

私
色々な国の言葉に興味がある人にとっては面白いんだけどね!

基本的にフィリピン人は英語を理解できるので、生活するには特に問題ありませんが

フィリピン人同士がそこで何を話しているのか理解するのは難しいです。

いくつかのタガログ語を覚えて渡航すると尚よし。。

その為、英語だけの環境を求めている方には向いていません。

生活水準が低い

フィリピンは発展途上国なので、日本に比べると全体的に生活水準が低いです。

安く済ませるには、現地の生活水準に合わせる必要があります。

逆に日本と同じ金銭感覚で豪遊することも出来ます。

その為「安い安い」と言う気持ちでフィリピンに行くと、気付かぬうちに無駄遣いしてしまうかも知れません。

生活水準を合わせると言っても、妥協できる点と出来ない点とあると思うので

事前に自分が何に対してこだわりがあるのか知っておくと良いと思います。

私の場合、

妥協できる事

  1. 食べ物
  2. 移動手段

妥協できない事

  1. 住む場所

大まかに分けるとこんな感じです。

住む場所は、自分の落ち着く空間が欲しかったので

セキュリティー面、部屋の広さ、立地、綺麗さ、など

を考慮して選びました。

その反面、食べ物は好き嫌いがない上に、移動手段も特にこだわりは無かったので

昼間の暑くて人の多い時間はタクシーを使用し、

夕方の涼しい時間は安いジプニーに乗ったりもしていました。

空気が汚い

地域によりますが、中心地は空気が汚いところが多いです。

理由としては、

交通整備が行われていない事と、日本ほど電車や地下鉄が普及していないからです。

その結果、車・バイク・タクシー・ジプニーなど様々な乗り物から排気ガスが多量排出し、空気が汚くなります。

私
中心地は人も多いし、自然と交通渋滞も起こるよね。。

反対に、地方や村の方に行くと田んぼや畑が多く、交通量もそれほど多くないので

空気の汚さは気になりません。

私はマニラの空気の汚さに驚いたので、

マニラでの進学を辞めて地方の大学を選びました。

虫や爬虫類と共存

どこにでも虫や爬虫類がいるわけではありませんが、トカゲやゴキブリはよく会いました。

虫や爬虫類とと共存するかどうかは住む場所によります。笑

私が語学学校の寮に住んでいた頃は、二階建ての建物で壁もそんなにしっかりしていなかったので、

トカゲが沢山いました!!!(壁や天井に引っ付いてる。。)

私の場合トカゲは大丈夫ですが、ゴキブリは嫌なのでそれも条件に含めて一人暮らしの家を選びました。

私
寮のルームメイトに教えてもらったけど、食器用洗剤でゴキブリに勝てるんだね!!汗

それ以外にも、蟻(噛まれたらめっちゃ痛いやつ!)や蚊は、草が生い茂った場所にいます。

サンダル履いてて、蟻に噛まれた時はめちゃめちゃ痛かったです!!しかも一匹じゃ無くて大量の蟻!!!涙

私
みんな気をつけてね、、半泣

フィリピン行く時は、念のため虫除けや軟膏など持っていくと良いと思います。

極度な虫嫌いにフィリピンは向いてないかな?

終わりに

何をするにしてもそうですが、フィリピン留学もデメリットはあります。

留学してから「こんなはずじゃ無かったのに…」ってならないように、

メリットだけでは無くデメリットにも目を向ける必要がありますね。

自分の目的と、条件を照らし合わせながら

最適な留学先や留学方法が見つかることを願っています!!

英語初心者ならまずフィリピンに行くべき理由。【コロナ明け絶対に周りと差をつける‼︎】 コロナ前に語学留学を予定していたけれども、 タイミング的にキャンセルせざるを得なくなった方も多いのではないのでしょうか。...

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ABOUT ME
Ate Yuu
こんにちはYuuです。私は現在フィリピンで正規留学中の現役大学生です。正規留学までの手続きや、フィリピンのこと、今後は就職に関してなど、私が経験した全てをこのブログにまとめようと思っているので、是非読んでいってください。
コードをコピー
コードをコピー