フィリピン

バナナの秘密とバナナが日本にやってくるまで【こうやって出荷される!】

私たちが普段何気なく食べてるバナナ。🍌

実はフィリピン人が食べているバナナとは

別物なのです。

私
なにそれ!どう言うこと??

はい!そこで今回は、

  1. フィリピンで一般的に食べられているバナナの種類
  2. バナナが日本にやってくるまでの過程

を紹介していきます。

バナナの秘密

フィリピン人は美味しいバナナを知っている

バナナといえばフィリピン!

そう思う方も多いのではないでしょうか。

実際にスーパーに売っているバナナの8割はフィリピンから来ています。(農林水産省より引用)

令和元(2019)年の財務省貿易統計によると、バナナの総輸入量は約104万5千トンです。
1位がフィリピン(約83万7千トン、約80%)、2位エクアドル(約11万9千トン、約11%)、3位メキシコ(約5万4千トン、約5%)です。
また、インドはバナナの生産量が世界で1位(約3,080万8千トン:2018)ですが、日本へは輸入されていません。

https://www.maff.go.jp/j/heya/sodan/1201/a01.html
私
こんなに沢山輸出されてるから、フィリピンには沢山のバナナを売ってるんだろうな!

☆70%正解で30%は間違いです。

なぜかと言うと、

フィリピンには沢山のバナナがあります。

これは正解です。

一方でフィリピンでよく食べられているのは、

私たちが普段食べている「ジャイアント・キャベンディッシュ」

(日本でよく見るフィリピン産バナナ)では無く

もっと甘くて美味しい「ラトゥンダン」や「ラカタン」と言う種類だからです。

そんなカタカナだらけのバナナの種類なんか知らんわ!

って感じなんですけど笑

私もフィリピンで何種類かのバナナを食べました。

私がフィリピンで食べさせてもらったバナナ達

↑左下からLatundan(ラトゥンダン)、右下にcardava(カルタバ)、上はLakatan(ラカタン)です。

私
いつも食べてるバナナと違う!、、!

そうなんです!

フィリピンには本当に沢山の種類のバナナがあります。

主な種類を見てみると…

  1. Latundan(ラトゥンダン)
  2. Lakatan(ラカタン)
  3. Senotira(セニョリータ)
  4. Bungulan(ブングラン)
  5. Saba(サバ)

など。これらが一般的にフィリピンでよく食べられているようです。

種類によって違うバナナの調理方法

様々なバナナの種類がある分、バナナの食べ方もそれぞれ異なります。

例えば、

蒸したり、揚げたり、焼いたり、もちろんそのまま食べることもあります。

私
バナナチップスもバナナを加工したお菓子だね!

私が試したバナナ料理を3つくらい紹介します。

バナナを使ったオススメデザート

バナナの揚げ春巻き(トゥロン)

私
これ本当に美味しくていつも食べてた!!また食べたい〜🤤

バナナを春巻きの皮で巻いて揚げたデザートです。

(写真がこれしか無かった…真ん中の段の春巻きみたいなやつ!)⬇︎

バナナの揚げ春巻き

熱を通した分、バナナの甘さが増してとにかく美味しいです。

ぜひ作って欲しいからレシピも載せちゃう!!!笑

レシピ

  1. バナナ1本、黒糖小さじ1、春巻きの皮1枚、水、油を事前に準備
  2. 春巻きの皮を広げて
  3. ②にバナナを乗せて(バナナ切り込みを入れておくと食べやすい👍)
  4. バナナに黒糖をまぶす
  5. 春巻きの皮で巻いて(巻き方は春巻きと同じでOK)
  6. 中身が飛び出してこないように皮を水で止める
  7. まるまる油であげて
  8. 完成!!(3等分とかに切って食べると◎)

素バナナ焼き(バナナキュー)

バナナを素揚げにしたデザート。

トゥロンには勝てないけど、これもなかなか美味しい!

甘党な人にオススメです!

(写真がこれしか無かった…🥲)

バナナキューの画像

蒸しバナナ

蒸しバナナに使われる主なバナナの種類はsaba(サバ)です。

これは、何というか「蒸した芋」みたいな感じで甘く無かったです。

私はあんまり好きじゃ無かった…。

写真撮りそびれたけど、

ただ蒸しただけなので見た目は、バナナそのまんまでした。

砂糖つけて食べたり食べなかったり…

私
多分デザートとしてじゃ無くて、お腹を膨らませる為のおやつとして食べてるんだと思う。

バナナの収穫から出荷まで

工程①

まだバナナが緑の頃。

収穫されたバナナが大きな房のまま、工場に入ってきます。

工程②

バナナをさらに小さく1房ずつカット。

バナナをひと房ずつカット

工程③

消毒のプールへダイビング!

ここで消毒液にぷかぷか浮きながら向こう岸へ辿り着くと…

消毒液のプールにダイブ!

工程④

向こうで待っていた作業員がキャッチ!

出荷用に箱に詰めていきます。

箱に詰められ

工程⑤

出来上がった箱を閉じて積み上げて、

集荷されるまでは保管。

箱ごとまとめて保管

ラストスパート

この後各国へ送り出され、

1ヶ月後のバナナが黄色く熟してきた頃には

到着して各国で販売されます。

(私たちが買って食べる。)

最後に

他のフルーツに比べて手頃で食べやすいバナナ。

実はこんなに沢山の秘密が隠れていたのです!

フィリピンに行く機会があれば、ぜひ食べ比べしてみてくださいね<3🇵🇭

オススメは、『トゥロン』と『バナナキュー』!!!

ABOUT ME
Ate Yuu
こんにちはYuuです。私は現在フィリピンで正規留学中の現役大学生です。正規留学までの手続きや、フィリピンのこと、今後は就職に関してなど、私が経験した全てをこのブログにまとめようと思っているので、是非読んでいってください。
コードをコピー
コードをコピー